アロマショップ店長の奮闘記。  (アロマオイル販売店アロマキュア)

カテゴリ:アロマ( 96 )

自然のなかで嗅覚を生かす。

森林は本当に心が浄化されますね。

川のせせらぎ、小鳥のさえずり、木漏れ日、そよ風、

などなど、五感を存分に生かすことができます。
なかでも普段の生活では使わない嗅覚が生きてくるのです。


針葉樹から降り注ぐ葉っぱの鋭い香り。

檜の幹から漂う乾いたウッディーな香り。

雨上がりの地面から立ち上る湿っぽい土の香り。


体は緑を求めています。


c0130180_19252851.jpg



「山登り行きたいな~!」


という自分の話でした。


>>アロマキュアに戻る
by aromacure | 2010-06-28 19:26 | アロマ

香りの先入観。

エッセンシャルオイルの香り。

植物由来といっても中には刺激の強いのもあるし、
感じにくいのもあります。

香りの感じ方がみなさん均一だったらとても単純なのですが、
食べ物の好き嫌いのように思わぬ反応もみられます。

芳香の場合、品質を香りの強弱で判断する方もみえますし、
広告やパッケージやで判断する方もみえます。

香りは感覚で捕らえるため、一度苦手意識や先入観をつけてしまうと
克服するのはむずかしくなります。

アロマテラピーの心理的効果は思い込みによって
大きく左右されてしまうのです。

年齢とともに先入観で判断してしまうことが多くなりますが、
アロマテラピーはそんな習慣を取っ払う訓練としても
役立つかもしれませんね。


c0130180_1726750.gif



>>アロマキュアに戻る
by aromacure | 2010-06-25 17:32 | アロマ

オレンジオイルで油汚れがきれいに落ちます!

今日みたいな暑い日は柑橘系のアロマで気分を
さっぱりさせることができます。

オレンジは大人気の香りですが、もっと実用的に使えることを
知らない方は多いようです。
オレンジオイルは油を分解しますから、重曹を混ぜるだけで
キッチンクレンザーができてしまうのです。

c0130180_15354076.gif

(作り方やモニターさんの例)


ドラッグストアに行けば、数々の食器用洗剤が並べてあります。

派手なオレンジ色の容器に貼られたラベル。
瑞々しい果実のイラストが目を引きます。
キャッチコピーはどれも「天然オレンジオイル配合!」みたいな感じ。


こんなフレッシュな香りがあれば、面倒な食器洗いも楽しくなるでしょう!

実際には子供のころに飲んだシロップ状の風邪薬みたいなにおい!


ほとんどの方がこれをオレンジの香りだと思ってると思うとお気の毒です。

嗅覚は順応してしまうから、私もこの洗剤がなくなるころには
そんなピュアな感覚が消えてしまってるのでしょうね。


c0130180_1526571.gif


>>アロマキュアに戻る
by aromacure | 2010-06-04 15:40 | アロマ

フランキンセンス大人気!

慌ただしい1日が終わりました。
昨夜から本日にかけて、フランキンセンスが大人気。

フランキンセンスは樹脂から抽出される精油でして、
呼吸器系の不調や、乾燥肌・老化肌におすすめです。
気持ちを静める私の好きな香りでもあります。

c0130180_18175777.gif



フランキンセンスの急な異常人気はすぐにテレビ効果だと分かりました。
普段、脚光を浴びないモノが突然表舞台に出てくる現象はほぼメディアのおかげです。

昨年末にはイランイラン、今年の初めにはグレープフルーツと度々そんなことがあります。

ちなみにテレビ効果のホンネはこんな感じ。
グレープフルーツの一過性ブーム


今回はこれをきっかけにアロマキュアの発展につながればうれしいな。
と素直に喜んでおります。

継続していただけるようアロマの魅力をがんばって伝えていきます。


>>アロマキュアに戻る
by aromacure | 2010-05-26 18:24 | アロマ

暑さはアロマで乗り切る!

夕方になりやっと涼しくなりました。

暑い日にはすぐにエアコンを頼らず、
なんとかしのぎたいものです。

そこでおすすめなのがペパーミント

c0130180_18165581.gif


今日はオフィスのアロマディフューザー
ペパーミントの香りを広げました。

精油は通常3,4滴落としますが、ちょっとした手違いで
10滴ほど入れてしまいました。
おかげでデスク周りにはハーブの清涼感が充満してます。

体感温度を下げ、目の覚めるような芳香で仕事に集中!

・・といきたいところですが、やはり香りが強すぎて、
かえって気に触ります。

アロマはほのかに香らすのがポイントです。



>>アロマキュアに戻る
by aromacure | 2010-05-21 18:22 | アロマ

アロマテラピーの未知なる世界。

アロマテラピーの面白いところはたくさんありますが、
私のお気に入りは、「香りを感じて気分が変わる!」というところにあります。
みなさんがつらいときにアロマ商品を通して、お役に立てると考えているのです。


アロマ販売店の店長として、経営者として、
アロマテラピーの一番よいところを知っているし、それを伝えていかなければ!
と思うことがありますが、それが思い込みになってるときがあります。


先月、こんなことがありました。


紹介されたお店で、おもしろい香水を発見し、店員さんと話してました。
テスターを嗅ぎながら、店員さんから

「このなかでどれがお好みの香りですか?」

と尋ねられ、私はこう答えました。


「今はオンのときですから、シトラス系で頭がすっきりするこれがいいですね。」

すると店員さんは、このように答えてくださいました。


「そうではなくて、布施さんは直感でどの香りが好きだと感じますか?」


それで私はハッと気づいたのです。

「自分の頭が悪いのは知ってたけど、まさか凝り固まってるなんて!」



もしかしたら、私は未だアロマテラピーの一番よいところを
発見していないのかもしれません。

そう考えてたらもっとおもしろいものがお伝えできるかもしれないと
ワクワクしてきたのでありました。


>>アロマキュアに戻る
by aromacure | 2010-05-07 18:51 | アロマ

アロマオイル選びに迷った方のために。

エッセンシャルオイルは数が多くて、
どれを選べばいいの!? なんて迷ってる方も多いと思います。

もちろんアロマショップとしてガイドさせていただいておりますが、
ひとつ問題がありまして、わたしの一方的な意見は客観性に欠けると
考えてました。

本能と結びつく嗅覚は、個人差がありますので、
お客様の客観的なご意見を組み入れる必要があるのです。


そこでアロマキュアでは、

「この商品を見た人は、こんな商品も見ています。」

というシステムを導入しました。
先週末から設定したばかりですので、十分な情報を収集できていませんが、
ぜひ商品選びの参考にしてみてください。


>>エッセンシャルオイル一覧
※商品ページの下部に表示されます。



>>アロマキュアに戻る
by aromacure | 2010-04-15 17:45 | アロマ

スピリチュアルアロマについて考える。

アロマテラピー愛好家は、スピリチュアル好きな方が多くみえます。
目に見えない香りの世界がより一層、神秘的になりますね。

私といえば、全然くわしくありません。
どんな世界も知識がない分野について、
浅い考えで批評してはいけませんね。

かといって、「苦手」や「知らない」ではコミニュケーションが
成り立ちません。

アロマセラピストは施術の前にコンサルテーションを行いますが、
スピリチュアルな思考をもったクライアントとのコミニュケーションに
悩んでいる施術者も多いと思います。


そこでアロマキュアでは、悩めるセラピストを救うため、
どのような場面でも使える最強のキーワードを導き出しました。

クライアントが充実しているとき、落ちこんでいるとき、岐路に立っているとき、
どのような場面でも確実に対応できます。


当社の独自調査によるマーケティングリサーチ、顧客満足度調査、
SWOT分析、ビルボードヒットチャートHOT100などから解析しました。

惜しみなく公開しますので、ぜひご活用ください。

そのキーワードとは・・


「天使が守ってくれますよ。」


コンサルテーションがクライマックスにさしかかったとき、
さりげなく一度だけ使うのがポイントです。

タイミングをミスったり、乱発すると軽薄な人だと思われてしまいますので、
くれぐれも慎重にご使用ください。


間違っても、


「天使が見えますよ。」

などと大風呂敷は広げないようご注意ください。



前置きが長くなりましたが、本題にはいります。

アロマテラピーのルーツをさかのぼると、
スピリチュアルとは切っても切れない関係ということが分かります。


つづく。



>>アロマキュアに戻る
by aromacure | 2010-03-23 18:46 | アロマ

花粉症対策にはアロマ!

この季節はユーカリが人気です。

花粉症の悩ましい症状をアロマテラピーで対策しようとする方が
増えてますね。(花粉症対策アロマセットはこちら


昨夜、お友達との食事の席で、

「最近、春に風邪っぽくなるけど花粉症になったとは思いたくない!」

という話が出ました。

かわいそうですが、花粉症デビューしてしまった確率は高いでしょうね。



幸い、私は花粉症ではありません。

「アロマショップの店長が花粉症になったら致命的だよね~。」

なんてよく自慢してます。
私の知人アロマセラピストは花粉症ですから
なんとかなるのでしょうけど。


花の香りが漂いはじめ、気分が高揚するこの時期。
すっかり嫌いな季節になっている方はお気の毒ですよね。



そうそう。

本日、くしゃみと鼻水が止まらなくて困ってます。

これは果たして・・・。


c0130180_18393857.gif



>>アロマキュアに戻る
by aromacure | 2010-03-19 18:44 | アロマ

アロマと嫌な記憶は結びつく?

香りを感じる嗅覚は記憶と深く結びついています。

例えば、懐かしい香りが漂ってきたら、
少年時代の思い出が鮮明に浮かび上がってきた、などです。

もちろん苦い思い出がよみがえってくることもあるのです。


先日、ニュース雑誌でこんな記事を読みました。
イランで治安組織に拘束された記者の話。
監禁された4か月の生活が書かれています。


記者はアメリカのスパイとして連行されました。

取調室の椅子に目隠しをして座らされます。
監獄では厳しい尋問が始まるのですが、
相手は正体を知られるのを嫌がり、名前も名乗らず、
記者が目隠しをしていても顔を上げることは許されません。

尋問者について分かるのは、
目隠しの下から見える足元と呼吸の音。
もうひとつはローズウォーターを付けていたことでした。

記者は記事のなかで尋問者の男を
「ミスターローズウォーター」と名づけています。


(ローズウォーターといえば、まっさきに精油を抽出する際に
 生まれる副産物「フローラルウォーター」が浮かびますが、
 恐らく体臭を覆うための保留性の高い香水だと思われます。)



結局、厳しい尋問が4カ月も続き、
国際社会の圧力により解放されることになるのですが、
記者は今でもその体験をふと思い出し、恐怖にかられることがあるそうです。

そして、これからもローズの香りと共に、
浮かび上がってくることになるのでしょう。

c0130180_154971.gif


香りは記憶と結びつきます。
それがよい記憶か悪い記憶かは分かりません。
人の思い出が異なるように、万人が好む香りはないということです。


こんなエピソードを知るほど、

「おすすめの香りは何ですか?」

という質問に答えにくくなってしまいます。



>>アロマキュアに戻る
by aromacure | 2010-03-09 15:50 | アロマ



アロマテラピーショップ店長、アロマオイルの香りに包まれながら日々奮闘してます。http://aromacure.net
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31