アロマショップ店長の奮闘記。  (アロマオイル販売店アロマキュア)

<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

アロマとミルラとミイラ2

前回のつづき。


図書館で、たまたま見つけたミイラの本。
アロマテラピーの歴史が埋もれているはずだと、
パラパラ読んできました。


ミイラづくりの技術ができる前、
古代エジプト人は、死者を吸水性のよい砂漠に
埋葬していたようです。

文明が発展すると、王族では永遠の魂を求めるようになり、
身分の高いものの埋葬をやめ、
保存してみようということで、
ミイラづくりの発想が生まれました。


砂漠地帯での遺体の保存は、相当困難を極めたようです。
当然、すぐに腐敗してしまうんですね。

試行錯誤しながら、
ミイラの作り方が完成しました。

心臓以外の内臓を取り出し、
そこにミルラなどを詰めるわけです。


古代エジプト人は、脳よりも心臓を
大切な臓器と考えていました。
脳は単に鼻水を作る臓器と思われていたようです。
ミイラを作るときには、スプーンみたいなので、
鼻の穴から脳をほじくりだしてたようです。

気持ち悪くてごめんなさい。


最後は包帯でぐるぐる巻きにし、
香油を塗られ、棺に入れられます。


この香油については「良い香りをつけるため」、
ということしか書いありませんでしたが、
ベースはオリーブ油やヒマシ油で、
体を清めたり、防腐や防臭を目的をしていたと
思われます。


その昔、ミルラやシダーウッドがミイラの防腐剤として
使われてたと漠然といわれていますが、
具体的な使い方としては、遺体から内臓を取り出し、
植物の入った袋を体内に詰めたり、仕上げに香油として
塗られていたというわけですね。



引き続き、ミイラ話をミイラ好きのみなさんに、
お伝えしようと思います。


つづく。
by aromacure | 2009-08-31 17:35 | アロマの歴史

アロマとミルラとミイラ

アロマテラピーのルーツをたどると、
必ず古代エジプトの話が出てきます。

芳香植物は、ミイラを作るときの
防腐剤として使われていたなんて
話が紹介されるのです。


これは呪術的な考えで行われたのではありません。

例えば、食用の肉類を保存するのに、
ローズマリーなどのハーブが効果的、
というような感じです。


ミイラの防腐剤としてはミルラシダーウッドが使われていました。
なんせミイラの語源はミルラからきているとのこと。
アロマテラピーのルーツ話として有名です。

ただし、これは憶測のようで、
真実かどうかは分かっていません。


c0130180_15291038.gif



先日、図書館に行ったら、
なんと、ミイラの本があるではありませんか。

パラパラめくっていると、
リアルなミイラの写真がたくさん掲載してあり、
作り方までご丁寧に紹介してありました。
不気味だったのですが、軽く読んできました。


つづく。



アロマキュアに戻る
by aromacure | 2009-08-28 15:30 | アロマの歴史

本日のお知らせ。

今日は定例の勉強会があるので、
仕事を早めに切り上げて渋谷まで行ってきます。

ご注文やお問い合わせの返信が、
少々遅くなりますので何卒ご了承ください。
(商品の発送は通常通りです。)


業務や立場、環境、年齢関係なく、
がんばってる人からは、とても刺激をもらいます。

みんなにも刺激を与えられるよう
がんばってこようっと。
by aromacure | 2009-08-26 15:01 | お知らせ

アロマは身を守る?

先日、こんなニュースを見ました。


米シカゴ郊外でのお話。

タクシードライバーがナイフを持った強盗に襲われました。

最近の日本でもこんな事件が増えますが、
このドライバーはスマートに強盗を撃退したんです。


タクシーに乗車した男は、行き先を変更しまくりました。

いやな予感がしたドライバーは携帯していたスプレーを
こっそり忍ばせました。


案の定、男はドライバーの首にナイフを突きつけて

「金をだせ!」



そこで勇敢なドライバーは、
スプレーを男の顔に吹きかけました!

思わぬ展開に強盗はびっくり!

目頭を押さえ、苦悶の表情を浮かべながら、
ナイフを落として逃げ出したのであります。


ほんとによかったですね。
一発殴られたそうですけど。


ここで活躍するスプレー。

実は催涙スプレーなどではありませんでした。
単なる芳香スプレーだったのです。


世の中、物騒になってきているので、みなさんも自分の身を守るために、
自家製のアロマスプレーを携帯しておくとよいかもしれませんね。

スパイス類ペパーミントなどの
刺激性の強いエッセンシャルオイルがおすすめです。


香り高く立派なアロマブレンドスプレーが出来上がってしまったら、
逆に強盗のテンションが上がるかもしれませんので要注意です!

c0130180_17283174.jpg


アロマスプレーの作り方はこちら


アロマキュアに戻る
by aromacure | 2009-08-24 17:38 | アロマ

神聖なアロマ。

映画「ダンス・ウィズ・ウルブズ」で、
ひとりのインディアンが遠くに見える煙を見て、

「火を焚いてあんなに煙を出すのはぜったいに白人だ!
 自分たちの土地に煙をあげられてるのを見て黙っちゃいられないぜ!」


と言って、仲間の制止を振り切り、
突撃する場面があります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


古代エジプトから、煙は神に捧げる神聖なものでした。
香りとともに天に捧げたのです。

そのため、香りや香料を表す「Parfume(パフューム)」は、
ラテン語の「煙を通す」が語源になっています。


ここで、ひとつギモンが。

スペインやフランス、イギリスなどの欧州勢が、
アメリカにこの文化を伝えたのならしっくりくるのですが、
コロンブスがアメリカ大陸を発見する2万年前から住んでたといわれる
ネイティブアメリカンまでもが煙を神聖ものとして考えていたのは、
ちょっと不思議に思います。


それで調べてみると、古代エジプト人に負けず劣らず、
煙はインディアンにとって、相当重要だったようです。
スマッジングという立派な風習がありました。


ホワイトセージやスイートグラス(レモングラスみたいなイネ科の植物)、
ジュニパー(液果じゃありません。)などのハーブの束を燻り、
人や物、空間を浄化したとのこと。


ここでの浄化とは、現代のアロマテラピーのように、
殺菌して清浄化するというよりは、
もっとスピリチュアルな意味をもっていたようです。



どんな国でも、火を使うことができるのは人間だけですし、
煙は香りと一緒に天に昇りますから、
遠く離れた世界でも、発想は近くなるようですね。
by aromacure | 2009-08-20 18:39 | アロマの歴史

あぶないアロマ2

アロマディフューザーとは、
エアポンプで精油の香りを広げる芳香器具です。



ずいぶん前のことですが、
友人がお店に遊びにきたときのお話。


その友人が東南アジアの長期旅行で知り合ったという
友達(日本人)を連れてきました。

店内で使ってたアロマディフューザーを見ながら、
うれしそうな顔して、

「あやしいなー、これ~」

と喜んでました。

アロマが身近じゃない人にとってアロマディフューザーは、
そんなに珍しいものなのかと、興味深く思い、
製品について、くわしく説明しました。



これをふと思い出したのは一連の報道で。

あのときの友人の連れの言った意味に、
やっと気づくことができました。

昔のアロマディフューザーは、
ゴム管があり、実験器具のように無機質だったんです。
何かを吸い込む器具にみえたのでしょう。

最近のアロマディフューザーは、
すっかりおしゃれになって、バリエーションも増えて、
ほんとによかった!


c0130180_17345075.jpg
by aromacure | 2009-08-18 17:37 | 雑談

あぶないアロマ。

最近、テレビをつけると、
どこもかしこも同じテーマで盛り上がってます。

香りを吸い込んでハイとなるというお話。

残念ながらアロマの話題じゃありません。


アロマテラピーの歴史は2つに分かれます。

ひとつは、芳香植物から精油を蒸留する技術が生まれ、
科学的になった芳香療法。
アロマテラピーは、精油を使うことが前提ですので、
みなさんが活用されているのは、こちらの近代的な手法です。


順序が逆になりますが、もうひとつは古代での芳香植物の活用法。
アロマテラピーなんて言葉が生まれるずっと昔の話です。

この時代には、植物にどういった成分が含まれ、
どのような香りを放ち、どんな働きがあるかなどの分析はできません。

植物をあぶったり、噛んだりすることで、
それが自分たちに、どんな働きをもたらすかということを、
自らの体験とし、蓄積してきました。

他の民間療法と同様、経験的に受け継がれてきたのです。


気分を高揚させるすべての植物は重宝されましたが、
そのなかでは、ハイになりすぎて事件を起こしたり、
中毒になったりする人々もたくさん現れました。

そんなことを繰り返してるうちに、
部族では植物の薬効、毒性が分かるようになり、受け継がれ、
麻薬性はアヘン戦争で全世界に知れ渡りました。

今日では、

「悪魔の葉っぱはいけませんよ。」

ということは常識(法律)になってます。

しかし、現代の日本にもこの魔の手が蔓延してます。


どんな人でも、軽い好奇心から、
悪魔の階段に踏みいれます。

周りの人にも責任があります。


学生、社会人、有名人に関わらず、
その前に訪れるべき場所があるということを、
知っておくべきなのです。



その場所とは・・



c0130180_17501327.gif

    ~ 楽しいアロマライフの入口 ~ 
「はじめての方にもとことんやさしい アロマキュア」
by aromacure | 2009-08-13 18:17 | アロマの歴史

アロマと音楽で快適空間に。

今朝から、表の道路に通る車がやけに少ないと思ってたら、
夏休みなのですね。

店長は、みんなが休んでるときに頑張って、
みんなが頑張ってるときに休んでます。

冗談です(笑)



私は音楽聞くのが好きなので、
会社ではいつも好きなのをかけてます。

ところがずいぶん前からコンポが壊れてまして、
長らくPCで音楽かけてました。


それでなんとか工夫して、コンポを復活させました。
やはり音楽はPCで聞くものじゃありませんね。

「音」で感動してます。


五感からの感動は、慣れやすく、
すぐに当り前になってしまいますから、
身近なものを一度離してみるって大事かもしれませんね。

それはアロマでも物でも人でも同じ。


またひとつ、職場が快適になりました(笑)


c0130180_17185620.jpg




アロマキュアのお店に戻る
by aromacure | 2009-08-12 17:23 | ショップにて

古代儀式でも最新技術でも。

夏だというのに、かなり天候が不安定ですね。


地域によっては相当激しい雨となってます。
加えて大きな地震もあったり。。

みなさん、外出時にはくれぐれもお気をつけてください。

道路の混雑状況により、
ご注文商品の配送が遅れることがございます。
その際は大変ご迷惑おかけしますが、
到着まで今しばらくお待ちください。

c0130180_8432846.gif




今年は梅雨明けが遅く、日照不足で、
ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎなどの
野菜の収穫量が少なく高騰してるようです。

農家の方も主婦の方も悲鳴を上げてます。

アロマショップ店長もひとごとではなくて、
精油も自然のめぐみですから、今後、
同じようなことが起きることも十分考えられます。



人間も動物も植物も、
生活(生育)は天気にコントロールさせられてます。

雨が多ければ、晴れの日を願いますし、
雨が降らければ、水不足で深刻になります。



最近、人工的な技術で雨を降らそうという国まで現れてます。

古代エジプトでは人間が、天気をコントロールしようなんて考えは、
相当バチあたりだったようです。

天災が起こらないよう、当時貴重だったフランキンセンスなどを焚いて、
神に捧げるのはもちろん、生贄(いけにえ)まで捧げていたんです。


どんな古代儀式も、最新技術も、
大自然には逆らえません。


できることは、自然を守り、温暖化を防ぐための活動で、
ひとりひとりエコを意識し、実践することぐらい。



そういえば昔、中医学の講義を受けてたとき、
雲を消すことができるという気功の先生のプロフィールを思いだしました。
怪しい講義ではなくて由緒ある学校の先生です。


このような話は、神秘的できらいではありませんが、
どんなにえらい先生だとしても、
自分の力を過信してると思います(笑)


c0130180_923029.gif
by aromacure | 2009-08-11 09:35 | ショップにて

鼻の日。

今日は「鼻の日」です。

意味がよく分からないと思われそうですが、
8月7日ということから87(ハナ)の日なのです。


もちろん私が勝手に言ってるわけではありません。
数十年前に日本の耳鼻科学会が決めたようです。


ちなみに「花の日」は6月の第2日曜日だそうです。
これはアメリカの習慣で決まってしまってたから、
日本のお花屋さんは残念でしたね。


ということで、8月7日は「鼻の日」です。


アロマテラピーをどんどんやりながら鼻を使いましょう!


という日ですので、がんばってください。
by aromacure | 2009-08-07 18:05 | アロマ



アロマテラピーショップ店長、アロマオイルの香りに包まれながら日々奮闘してます。http://aromacure.net
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31